飲み方に関すること|クラミジアや淋病にはアジーが有効、感染前の予防にも効果あり!

クラミジアや淋病にはアジーが有効、感染前の予防にも効果あり!

医師の診察

飲み方に関すること

ではアジーに関する具体的な飲み方についての話をしたいと思います。
まずあなたに理解してもらいたいのが、あなたの身に生じている症状次第で大きく変化するということ。

まず急性気管支炎や肺炎、慢性呼吸器病変の二次感染、あとは扁桃炎などの場合は1日に1回を3日間、500mgを服用していきます。
そして尿道炎や子宮頚肝炎の場合は1000mgを1回だけ服用します。
あと骨盤内炎症性疾患の人は、注射剤で治療をおこなったあとに250mgを1日に1回服用していきます。
なおこれらの用法用量については成人のケースに限ります。

そして小児にアジーを飲ませたい場合は、小児の体重から計算して1日1回を3日間服用させていきます。
体重が1kgにつき10mg増えるので、そこから計算してください。
また小児用として売られているアジーには粉薬が多く、フルーツ味など口にしやすい味付けがされているのでちゃんと飲んでくれるでしょう。

基本的な用法用量については以上になりますが、ここではざっくりとした説明になりますので必ず初めて使う人は医師と相談した上で使い始めるようにしてください。
アジーについては自己判断で勝手に用法用量を変えたりすることが厳禁だといわれているので、通販サイトで手頃に買いたい人も最初は病院でもらうようにするべきだと思います。
あなたの患っている症状によっては服用期間が変化したりするので、そのことを踏まえた上でアジーを使い始めてください。
そうすれば誰でも安全にアジーを使って症状を治療することができるでしょう。